見ごろ情報

                                       更新日:2022年1月20日

                                                       年間の花ごよみは こちらから→


植   物   名

 ウ メ

見 頃 予 想

 1月上旬〜2月下旬まで


     1月20日現在の状況 

                              

 
 1月19日撮影/加呂登池 せせらぎ広場付近


   

 

 ウメの花が開花しています。
 ウメはバラ科サクラ属・アンズ属の落葉小高木です。
 花は葉に先立って開き、花色は白・紅色・淡紅などがあります。
 1月上旬に開花する早咲きから3月に咲く遅咲き種など
 品種によって開花時期は様々です。
 
 大泉緑地では、加呂登池せせらぎ広場付近のウメが最初に咲き始め
 続いて双池橋南西の梅林や水流(こもれびの庭近く)、
 四季彩園、頭泉池北西、サイクルどろんこ広場西側樹林地などでも見られ、
 開花時期も様々です。
 
 1月20日現在、一番最初に開花を始める加呂登池せせらぎ付近の
 ピンクのウメ(八重咲き)が開花しています。
 また、双池橋南西側の梅林では、白色のウメが開花間近となりました。

  



植   物   名

 スイセン

見 頃 予 想

 12月下旬〜2月下旬まで


     1月20日現在の状況 

                              

 

 

 

 スイセンの花が開花しています。
 スイセンはヒガンバナ科スイセン属の耐寒性の球根植物です。
 原産地は地中海沿岸、スペイン、ポルトガル、北アフリカなどで
 約35種の原種が知られています。 
 大泉緑地で見られる多くは、白と黄色の『ニホンズイセン』で
 年末から早いものは開花を始め、
 1月下旬頃から2月上旬頃に咲き誇ります。
 大泉緑地では中央花壇西側の休憩所付近や
 ひつじ広場南側の樹のみち周辺、10番トイレ西側樹林地で多く見られます。


  



植   物   名

 サザンカ

見 頃 予 想

 11月上旬〜1月下旬まで


     1月20日現在の状況 

                              


 


   

 

 サザンカの花が開花しています。
 サザンカはツバキ科ツバキ属の一種で日本の固有種です。
 冬の花の少ない時期に次々に花を咲かせ長く楽しむことができます。
 姿はツバキと同じく常緑中高木ですが、若枝や葉柄に短毛が生え、
 花弁は花が終わると一枚一枚ばらばらに散ります。
 園芸品種も多く、カンツバキ(関西で獅子頭と呼ばれます。)などがあります。
 大泉緑地では、海遊ランドやパーゴラ付近など園内各所で見られます。