見ごろ情報

                                       更新日:2020月5月29日

                                                       年間の花ごよみは こちらから→


植   物   名

 ティーツリー

見 頃 予 想

 5月下旬〜6月中旬ごろまで


     5月29日現在の状況 

                              

  
                                  

 

 

 ティーツリーの花が開花しています。
 ティーツリーはオーストラリアやニュージーランド原産のフトモモ科の植物です。
 高さは10m〜15mまで育ち、白いブラシのような花を咲かせます。
 ティーツリーの葉からとれる精油はアロマテラピーなどに使用され
 抗菌作用があります。
 大泉緑地では花と緑の相談所角の花壇に1本と、
 四季彩園の休憩所付近で見ることができます。
 
 



植   物   名

 カシワバアジサイ

見 頃 予 想

 5月中旬〜7月上旬ごろまで


     5月29日現在の状況 

                              

   
                                  

 

 

 カシワバアジサイの花が開花しています。
 カシワバアジサイは北アメリカ原産のアジサイの仲間で
 カシワに似た形の5〜7つに深く裂けた葉を持ち
 円錐形の花房が特徴です。
 また、カシワに似た葉は秋には紅葉も楽しめ
 長期間鑑賞できるアジサイです。
 大泉緑地では、ふれあいの庭やこもれびの庭、四季彩園、緑道で見ることができます。
 



植   物   名

 タイサンボク

見 頃 予 想

 5月中旬〜6月下旬ごろまで


     5月29日現在の状況 

                              

   
                                  

 

 

 大きく真っ白なタイサンボクの花が開花しています。
 タイサンボクは常緑高木で艶々と光る濃い緑色の長楕円型をした葉っぱが特徴です。
 また、『モクレン』や『コブシ』・『シデコブシ』・『オオヤマレンゲ』など、
 早春から続くマグノリア(モクレン)属の仲間の1つです。
 花は直径15pはある大輪で白く香りのよい花を咲かせます。
 大泉緑地では、八角花壇から北に向かう園路沿いで多く見ることができます。

 



植   物   名

 キンシバイ

見 頃 予 想

 5月中旬〜7月上旬ごろまで


     5月29日現在の状況 

                              

   
                                  

 

 

 キンシバイの花が開花しています。
 キンシバイはオトギリソウ科の半落葉小低木で
 初夏にはっきりとした黄色の花を一斉に咲かせ、
 とても丈夫なことから公園ではおなじみの花です。
 同じオトギリソウ科の『ビョウヤナギ』と姿が似ているため
 混同されることがありますが、 『ビョウヤナギ』は雄しべが花弁よりも長く
 5つの束にわかれることから区別することができます。
 大泉緑地ではパーゴラや緑道などで見ることができます。 


 



植   物   名

 スモークツリー

見 頃 予 想

 5月中旬〜6月下旬ごろまで


      5月29日現在の状況 

                              



  

 

 

 ふれあいの庭や四季彩園でスモークツリーが見ごろを迎えています。
 ウルシ科のスモークツリーは『煙の木』や『白熊の木(ハグマノキ)』の名前があります。
 煙のように見えている部分は花の後に花柄が糸状にのびたもので
 花は5月上旬ごろに黄緑色の小さな目立たない花を咲かせます。
 大泉緑地には、赤と黄緑の木があります。
 
 



植   物   名

 ハナザクロ

見 頃 予 想

 5月中旬〜6月ごろまで


      5月29日現在の状況 

                              

 
                                  

 

 

 四季彩園や4番トイレ向い樹林地でハナザクロが開花しています。
 ザクロ科の落葉小高木のハナザクロは『ヤエザクロ』とも呼ばれ、
 花の鑑賞目的で作られた重弁の園芸品種で
 実はなりません。
 
 



植   物   名

 ウツギ

見 頃 予 想

 5月中旬〜6月上旬ごろまで


      5月29日現在の状況 

                              

   
                                  

 

 

 加呂登池の東側やひつじ広場でウツギの花が開花しています。
 ウツギは、幹が中空であることから「空木(ウツギ)」の名前がつき
 別名を「卯の花(ウノハナ)」と呼び、旧暦の4月(卯月)に咲く事から名づけられました。
 ウツギはアジサイ科(ユキノシタ科から分離しアジサイ科になりました。)の落葉低木で
 花弁は五枚の真っ白な花です。
 
 



植   物   名

 サラサウツギ

見 頃 予 想

 5月中旬〜6月上旬ごろまで


      5月29日現在の状況 

                              

  
                                  

 

 

 双池橋南東のかきつばた園に向かうスロープ周りで
 サラサウツギの花が開花しています。
 アジサイ科(ユキノシタ科から分離しアジサイ科になりました。)のサラサウツギは
 一重のウツギを品種改良したもので
 花は華やかな八重咲で外側に薄いピンク色の筋が入ります。
 
 



植   物   名

 ブラシノキ

見 頃 予 想

 5月上旬〜6月上旬ごろまで


      5月29日現在の状況 

                              

   
                                  

 

 

 中央休憩所食堂裏で真っ赤なブラシノキが開花しています。
 ビンの中を洗うブラシのように見えるブラシノキは
 フトモモ科の常緑低木で『カリステモン』とも呼ばれます。
 花弁やガクは開花後すぐに落ちてしまい、
 多数のブラシの毛のように見える雄しべの花糸だけが残ります。
  
 



植   物   名

 ユリノキ

見 頃 予 想

 5月上旬〜5月下旬ごろまで


      5月29日現在の状況 

                              

   
                                  

 

 

 球技広場周辺でユリノキの花が頭上高くに開花しています。
 高いものは60メートルにもなるモクレン科のユリノキは、
 オレンジ色の筋が入った黄色いチューリップのような花を咲かせることから
 別名を『チューリップツリー』と呼ばれます。
 その他にも 葉っぱが半纏や奴凧・軍配のようにも見えることから
 『ハンテンボク』・『ヤッコダコノキ』・『グンバイノキ』とも呼ばれています。
 園内では、球技広場の他に桜広場で桜の間にぽつんと一本だけ立つ
 背の高いユリノキを見ることができます。
 



植   物   名

 カルミア

見 頃 予 想

 5月上旬〜6月中旬ごろまで


      5月29日現在の状況 

                              

  
                                  

 

 

 四季彩園でカルミアの花が開花しています。
 カルミアは北アメリカ原産のツツジ科の常緑低木で、
 蕾が金平糖のような可愛い形をしています。
 花が開くと雄しべの先は花弁のくぼみの中に収まっていますが、
 飛んできた虫などが触れると飛び出し、
 花粉を散らせる仕組みを持っています。
 
 



植   物   名

 ヤマボウシ

見 頃 予 想

 5月中旬〜6月上旬ごろまで


      5月29日現在の状況 

                              

  
                                  

 

 

 加呂登池でヤマボウシが見ごろを迎えています。
 四枚の白い花びらに見えている部分は花びらではなく
 総苞片と呼ばれる花の付け根の葉です。
 花は総苞片の中心の丸く見える部分に
 目立たない小さな花が集まって咲き、
 8月から9月頃に紅橙色の甘い実を付けます。