k

見ごろ情報

                                       最終更新日:2017年 5月 17日

                                                                 年間の花ごよみは こちらから→

 

 

植   物   名

カリステモン ( マキバブラシノキ)

分     類

    フトモモ科     常緑低木〜高木   花木

原産地: 分布

  オーストラリア

見 頃 予 想

 5月中旬から   6月上旬頃   まで、観賞できそうです。

 

       
場      所

S   

          緑地内平面図はこちら⇒クリック 


      5 月17日現在の状況 

                              

                                    

       

 

日本には、明治の中頃に渡来したようです。

カリステモンとは、ギリシャ語のカロスとステモンからなる語で美しい雄しべの意味です。

名前のように、まっすぐに伸びた糸状の雄しべが、多数群がって穂状についている姿は美しいものですね。

英名のボトル・ブラッシュは、ビン洗いのブラシの意味ですが、和名のブラシノキもこの英名によって名づけられました。

緑地内では、中央休憩所西側の池のところで見ることができます。

 

植   物   名

カキツバタ ( 杜若)

分     類

    アヤメ科     秋植え多年草 

原産地: 分布

  日本

見 頃 予 想

 5月中旬から   5月下旬頃   まで、観賞できそうです。

 

       
場      所

W   

          緑地内平面図はこちら⇒クリック 


      5 月11日現在の状況 

                              

                                    

       

 

万葉集にカキツバタを詠んだ歌は数首あり、昔から日本人に親しまれてきた花です。

今日では、≪いずれあやめか、かきつばた≫などと物の区別のつきにくいたとえにも使われているようです。

品種は、ハナショウブにくらべ、少なく10種ほどです。

緑地内では、カキツバタ園で見ることができます。

 

植   物   名

ウツギ ( 空木)

分     類

    ユキノシタ科     落葉低木  庭木 

原産地: 分布

  日本

見 頃 予 想

 5月上旬から   5月下旬頃   まで、観賞できそうです。

 

       
場      所

W   

          緑地内平面図はこちら⇒クリック 


      5 月11日現在の状況 

                              

                                    

       

         マルバウツギ               ハコネウツギ           

 

幹が中空になることからこの名がつけられました。5月〜6月に小枝の先に5弁の花が群れて咲きます。

球形の果実がつき、10月〜11月に灰緑色に熟し裂けます。

緑地内では、カキツバタ園等で白花のマルバウツギ、双池橋付近でハコネウツキがが咲いています。