k

見ごろ情報

                                       最終更新日:2017年 2  月 18 日

                                                                 年間の花ごよみは こちらから→

 

植   物   名

トサミズキ  ( 土佐水木 )

分     類

    マンサク 科   落葉低木  花木 

原産地: 分布

  本州(高野山)  四国(高知)

見 頃 予 想

 2月下旬から   3月中旬頃   まで、観賞できそうです。

 

       
場      所

E.W   

          緑地内平面図はこちら⇒クリック 


      2 月18日現在の状況 

                              

                                    

   

早春の花、トサミズキは葉が展開する前に淡黄色の花をつけます。

名前のとおり、土佐の高知に自生し、高さ2〜4mになります。

 

大泉緑地内では、双池橋の西側、小笠山傾斜面、パーゴラ東、大芝生広場の西側あたりで咲いてきました。

 

植   物   名

サザンカ  ( 山茶花 )

分     類

    ツバキ 科   常緑小高木  

原産地: 分布

  日本特産種

見 頃 予 想

 12月上旬から   2月頃   まで、観賞できそうです。

 

       
場      所

V   

          緑地内平面図はこちら⇒クリック 


      12 月 2日現在の状況 

                              

                                    

   

日本で生まれ育てられた日本特産の花木です。

ツバキ(椿)と同じツバキ科ですが、葉は小形では柄から主脈にかけて褐色の毛が密生していて、花を分解すると雄しべの基部の子房が毛で覆われています。

サザンカ:   野  生 型  :一重の白花

          園芸品種 :紅花、桃色花、ぼかし紅、広弁花、重弁花

江戸初期には50品種が本に載せられていますが、現在では、品種名がつけられたサザンカは300種ほどに達しています。

大泉緑地内のサザンカは海遊ランドあたりで見られます。